筑波coins

筑波のベンチャーや研究室(VRメイン)を紹介します

【筑波VR研究】視覚的錯覚を使ったナビゲーションシステム

「魔法の世紀」の著者であり、最近はテレビ等のメディアにも良く出演されている、現代の魔法使い、落合陽一率いるデジタルネイチャーグループの研究に、VRを用いた面白い技術があったので紹介する。

 

youtu.be

動画を見て奇妙な感覚になった人もいるだろう。

 

A、Bとかかれた2枚のパネルがある。

Oculus Riftを装着した被験者は、「Aの方に行ってください」と指示される。

被験者は、言われた通りAのパネルに向かって歩いて行く。

さて、Aのパネルの前に到着し、いざヘッドマウントディスプレイを外してみると...

 

そこにはなぜかBのパネルが!?

 

被験者からすれば確かに、「WHY?」ですよね笑。

 

被験者本人はAのパネルに向かって進んでいるつもりなのだが、端からみるとBに向かって進んでいる。

なぜこんなことが起こるのか?

 

ー視覚的錯覚を用いた無意識での誘導ー

デジタルネイチャーグループのウェブサイトには

【本システムはユーザに対して視覚的錯覚を引き起こすような画像処理を行い,そしてそれをフィードバックすることによりユーザの歩行方向を無意識的にコントロールする.】

とある。

 

カメラとヘッドマウントディスプレイを用いて、被験者にリアルタイムで現実の映像を見せる。

しかし、それは加工された映像で、被験者はBのパネルに進みながら、あたかもAのパネルに進んでいるように錯覚するのだ。

 

ー視覚的錯覚を用いたナビゲーションシステムー

これまでのナビゲーションシステムは、「右に曲がってください。」といった具合の音声案内や、マップ上に示された矢印によるものだった。

この技術だと、マップと自分の位置をうまく照らし合わせられない人には負担になってしまう。

細々した道路で、ナビを見ていたが、曲がる道を一つ間違えてしまったなんて経験はだれにでもあるかもしれない。

しかし、VRを用いたナビゲーションが確立されれば、何も考えずに目的地に到着できるようになる。

ただ歩いていたらいつの間にか到着していた、といった具合に。

 

いちいちナビを確認しなくても目的地にいけるのは便利でいいですね。

 

 

 

 

筆者紹介:

筑波大学情報学群情報科学類に所属している杉本大輝といいます。

つくばのスタートアップや研究について紹介していきます。

 

 

<参照>