筑波coins

筑波のベンチャーや研究室(VRメイン)を紹介します

【筑波VRベンチャー】VRに触覚を「株式会社 ミライセンス」

VRに触覚をもたらす技術「3D触力覚技術」を世に押し出す「株式会社ミライセンス」について紹介します

  http://www.jafco.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/miraisens1.jpg

視覚や聴覚に関してVRの技術は非常に発展し、2016年、VR元年と呼ばれるほどになった。

VRをよりリアルなものとして感じられるようになるために、次に必要なことは「触覚」だろう。

そこで注目されているのが、ミライセンスが事業化を進める「3D触力覚技術(3DHptics Technology)」である。

 

ミライセンスとは?

https://imgs-regional.bizreach.jp/interview/miraisens/co_sup_photo.jpg?ver=up1460708924

株式会社ミライセンスは、2014年4月、産総研(国立研究開発法人産業技術研究所)つくばセンター産総研技術移転ベンチャーとして設立された。

本社は茨城県つくば市産総研つくばセンター内にある。

社員数は8名。

物の手触り、重さ、抵抗感を再現する「3D触力覚技術」を用いるサービス、デバイスの開発などを行っている。

2015年CEATEC AWORD(審査員特別賞)、2016年JEITAベンチャー賞を受賞。

2015年10月に、大手ベンチャーキャピタル、株式会社ジャフコより約3億円の投資を受けた。

 

 そもそも3D触力覚技術とは?

http://www.miraisens.com/img/tech01.png

3D触力覚技術は、ミライセンスの中村則雄ファウンダー・CTOが産総研産業技術総合研究所)時代に開発した「錯触力覚技術」をベースに、工学と脳科学を統合して開発された特許技術だ。

バイスから発せられる、振動、電気、超音波からなる特殊な波形によって、体験者にあたかも物体を触ったように錯覚させる。

ミライセンスは、色の三原色のように、体感について三原触という考えを持っている。

香田夏雄コファウンダー・代表取締役は、

「引っ張られたり押される感じの『力覚』、硬さや柔らかさを感じる『圧覚』、ザラザラ・つるつるなど表面を触ったときに感じる『触覚』の3つの感覚を、ブレンドしたり割合を調節して組み合わせたりすることによって人間が感じるあらゆる感触を表現できる技術です。この3つの感覚を同時に1つのデバイスで再現できるのが僕たちの強みです。」

と語っている。

 

人物紹介

香田夏雄:

株式会社ミライセンス コファウウンダー・代表取締役

デジタルハリウッド大学大学院 専任教授

1968年生まれ。

東京都出身。

1993年に筑波大学第三学群情報学類(情報科学専攻)卒業。

同年、ソニー木原研究所に入社し、3DCG技術、VR技術の研究開発に従事する。

退職後は、株式会社ヒュージスケールリアリティ、株式会社インテグラルヴィジョンの代表取締役を務めた。

 

中村則雄:

株式会社ミライセンス ファウンダー・最高技術顧問

人間情報研究部門 人間環境インタラクション研究グループ主任研究員

工学博士

1964年生まれ。

千葉県出身。

1994年に筑波大学大学院博士課程を修了。

1995年、通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所に入所し、人間工学・医療福祉分野での研究開発に従事する。

産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門を経て、人間情報研究部門人間環境インタラクション研究グループ主任研究員にもなっている。

 

「M-ORB」によってゲームはよりリアルなものに

http://www.moguravr.com/wp-content/uploads/2016/03/image0012.png

ミライセンスはBluetooth対応の体感フィードバックコントローラー「M-ORB」を開発している。

片手持ちのグリップスタイルで、十字キーの部分が振動する。

十字キーは、押し込むことでボタンとしての機能も果たす。

例えば、カーレースのゲームをするなら、エンジンの振動、加速や減速、カーブの時にかかる負荷などを体感できる。

M-ROBによってVRゲームはよりリアルになり、没入感が増すことだろう。

 

価格は一般的なコントーローラー並、発売時期は年内が目標らしい。

 

応用先は無限大

例えば、

  • タッチパネルに用いて、確実に押したという感覚が得る
  • 手術ロボットに用いて、ロボットの感覚を感じる

 といったことができる。

先端医療、社会福祉、車載、ウェアラブル、携帯、ホーム、IoT、ビッグデータバーチャルリアリティ、エンタテイメントなど、幅広い分野での利用が可能だ。

香田氏は応用分野について、「応用先は無限大」と語っている。

http://www.miraisens.com/img/tech05.png

 

 

 

 

筆者紹介:

筑波大学情報学群情報科学類に所属している杉本大輝といいます。

つくばのスタートアップや研究について紹介していきます。

 

<参照>